Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://babylonkey.blog71.fc2.com/tb.php/249-1caa7a8b

-件のトラックバック

-件のコメント

[C360]

山風をさりげなく入れるセンスに吹いたw
そして、『「涼宮ハルヒ」は全く好きじゃないです』の言説に、ちょっと、いや、かなり動揺している私がいる。
マジですか。「消失」お読みの上で言ってらっしゃるのでしょうか。
もし「憂鬱」だけでの評価でしたらとりあえず「消失」までお読みいただくことを激しくお勧めします。既に読んでらしたらしょうがないので長門さんは僕が貰っていきます。
  • 2008-10-07
  • sunagi
  • URL
  • 編集

[C361]

極東さんの私への愛が溢れんばかりなのでタジタジです。
甲賀忍法帖もはからずもバジリスクの原作ですよねってこんなことを彼女は言うわけないすね。
イリヤの空を読んでみます。
  • 2008-10-08
  • 彼女ちひろ
  • URL
  • 編集

[C362]

荒木よ、杉井光を読むのだ。
まず『ばけらの!』でひとしきり笑った後
『さよならピアノソナタ』で音楽への、バンドへの初期衝動を感じるんだ。

上記既刊4冊、全て読み終わる頃には
「主人公もヒロインも展開もワンパターンじゃねぇか!」
というツッコミを入れずにはいられないでしょう。

[C363]

あ、うっかり↑名前出しちゃった。
消しといていいよ。

[C365]

返信遅くなってすいません!

>sunagiさん
「消失」まで読んでますよー。でも、長門(というかキャラメイク全体)に対する評価はともかく、長編だと中弛みが激しい印象があるのであまり評価出来ないんですよね。「退屈」のような短編集だと設定が自然に運用されていると思いますけど、背筋が凍る瞬間はそこでも得られませんでしたし。

ただ「全然好きじゃないです」は言いすぎでした。
何だかんだでマイルストーンなのは間違いないですし。

>D
バジリスク・・・やはり通っていたか。
まぁ読んで読んで!

>take1さん
キラ☆キラをやりましょー!
あと上記の本は今度貸してくださいな。
  • 2008-10-24
  • 極東極楽
  • URL
  • 編集

[C413]

ライトノベル業界への影響を考えるなら、田中ロミオ(・山田一)ははずせない。
最近、ライトノベルも出版して十代の新しいファンを得てきた。

 初めて西尾維新の「クビキリサイクル」を読んだときは、「田中ロミオ・山田一っぽいな」と思ったくらいだ。
 というか、正直かなり影響受けてるだろう。社会正義な理由で西尾維新に正直なこといえるわけがない(ケータイ小説大賞の田中ロミオのパクリケータイ小説、「メビウスの輪」 の作者:咲かない花 とは事情が違う)が。
  

[C418]

>LRさん
どうもはじめまして。
田中ロミオ(山田一)は普通に評価してますよ。でも、ラノベ初心者に薦めるにはアクの強さは否めませんし、シナリオライターとしての方が傑作をモノにしていると思うので、ゲームのほうを僕なら薦めます。

是非ご自分でもリストを作ってみてください。
  • 2009-03-27
  • 極東極楽
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

中二病患者が非オタの彼女にラノベ世界を軽く紹介するための10本。

元ネタはこちら
Dな後輩に宛てた手紙のようなエントリ。

まあ、どのくらいの数のヲタがそういう彼女をゲットできるかは別にして、「オタではまったくないんだが、しかし自分のオタ趣味を肯定的に黙認してくれて、その上で全く知らないラノベの世界とはなんなのか、ちょっとだけ好奇心持ってる」ような、ヲタの都合のいい妄想の中に出てきそうな彼女に、ラノベのことを紹介するために見せるべき10本を選んでみたいのだけれど。

(要は「脱オタクファッションガイド」の正反対版だな。彼女にラノベを布教するのではなく相互のコミュニケーションの入口として)

あくまで「入口」なので、できれば単巻、長くても10巻程度にとどめたい。
あと、いくらラノベ的に基礎といっても古びを感じすぎるものは避けたい。
サブカル野郎が『蒲団』は外せないと言っても、それはちょっとさすがになあ、と思う。

そういう感じ。

彼女の設定は

・ラノベ知識はいわゆる『おいしいコーヒーのいれ方』的なものを除けば、「涼宮ハルヒ」程度は知ってる
・サブカル度も低いが、頭はけっこう良い

という条件で。

まずは俺的に。出した順番は実質的には意味がない。

・秋山瑞人『イリヤの空、UFOの夏』
イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る

まあ、いきなりここかよとも思うけれど、「イリヤ以前」を濃縮しきっていて、「イリヤ以後」を決定づけたという点では外せないんだよなあ。長さも4巻だし。

ただ、ここでオタトーク全開にしてしまうと、彼女との関係が崩れるかも。

この情報過多な作品について、どれだけさらりと、嫌味にならず濃すぎず、それでいて必要最小限の情報を彼女に伝えられるかということは、オタ側の「真のコミュニケーション能力」の試験としてはいいタスクだろうと思う。

・西尾維新『クビキリサイクル』
クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い (講談社ノベルス)クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い (講談社ノベルス)
(2002/02)
西尾 維新take

商品詳細を見る

・滝本竜彦『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』
ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ
(2001/11)
滝本 竜彦

商品詳細を見る

≪アレって典型的な「ラノベヲタが考える一般人に受け入れられそうなラノベ(そうオタクが思い込んでいるだけ。実際は全然受け入れられない)」そのもの≫という意見には半分賛成・半分反対なのだけれど、それを彼女にぶつけて確かめてみるには一番よさそうな素材なんじゃないのかな。

「ラノベオタとしてはこの二つは“小説”としていいと思うんだけど、率直に言ってどう?」って。

・支倉凍砂『狼と香辛料』
狼と香辛料 (電撃文庫)狼と香辛料 (電撃文庫)
(2006/02)
支倉 凍砂

商品詳細を見る

ある種のファンタジーヲタが持ってる異郷への憧憬と、エンターテインメント精神を忘れない経済へのこだわりを彼女に紹介するという意味ではいいなと思うのと、それに加えていかにも電撃文庫的な

「童貞的な誠実さ」を体現するロレンス

「童貞的に好みな女」を体現するホロ

の二人をはじめとして、オタ好きのするキャラを世界にちりばめているのが、紹介してみたい理由。

・川上稔『終わりのクロニクル』
終わりのクロニクル1〈上〉   電撃文庫 AHEADシリーズ終わりのクロニクル1〈上〉 電撃文庫 AHEADシリーズ
(2003/06)
川上 稔

商品詳細を見る

たぶんこれを見た彼女は「ブ厚ッ!」と言ってくれるかもしれないが、そこが狙いといえば狙い。
この系譜の作品が他に見られないこと、この厚さでも人気シリーズになったこと、後書きが毎度面白くて、それに目を付けた出版社がエッセイなんかを出版させてもおかしくないのに、作品の圧倒的な完成度故にそんなことはいつもどうでもよくなってしまうこと、なんかを非オタ彼女と話してみたいかなー、という妄想的願望。

・奈須きのこ『空の境界』
空の境界 上  (講談社ノベルス)空の境界 上 (講談社ノベルス)
(2004/06/08)
奈須 きのこ

商品詳細を見る

「やっぱりラノベは中高生のためのものだよね」という話になったときに、そこで選ぶのは『キノの旅』でもいいのだけれど、そこでこっちを選んだのは、この作品にかける奈須きのこの思いが好きだから。
断腸の思いで削りに削ってそれでもノベルス上下巻分、っていう尺が、どうしても俺の心をつかんでしまうのは、その「捨てる」ということへの諦めきれなさがいかにもオタ的だなあと思えてしまうから。

この作品の長さを俺自身は冗長とは思わないし、もう削れないだろうとは思うけれど、一方でこれが古橋秀之だったらきっちりノベルス一冊分にしてしまうだろうとも思う。なのに、web小説だったものを同人誌として出版してこの分量、というあたり、どうしても「自分の物語を形作ってきたものが捨てられないオタク」としては、たとえ奈須きのこがそういうキャラでなかったとしても、親近感を禁じ得ない。作品自体の高評価と合わせて、そんなことを彼女に話してみたい。

・山田風太郎『甲賀忍法帖』
甲賀忍法帖 (角川文庫)甲賀忍法帖 (角川文庫)
(2002/12)
山田 風太郎

商品詳細を見る

今の若年層で「忍法帖」シリーズ読んだことのある人はそんなにいないと思うのだけれど、だから紹介してみたい。
『ブギーポップは笑わない』よりも前の段階で、ラノベの哲学とか技法とかはこの作品で頂点に達していたとも言えて、こういうクオリティの作品が娯楽小説としてこの時代(1958年)に出版されていたんだよ、というのは、別に俺自身がなんらそこに貢献してなくとも、なんとなくラノベ好きとしては不思議に誇らしいし、いわゆるアニメの原作としてしかラノベを知らない彼女には見せてあげたいなと思う。

・賀東招二『フルメタル・パニック!』
戦うボーイ・ミーツ・ガール―フルメタル・パニック! (富士見ファンタジア文庫)戦うボーイ・ミーツ・ガール―フルメタル・パニック! (富士見ファンタジア文庫)
(1998/09)
賀東 招二

商品詳細を見る

賀東の「目」あるいは「キャラづくり」をオタとして教えたい、というお節介焼きから見せる、ということではなくて。
「常識外れな学生生活を楽しみたい」的な感覚がオタには共通してあるのかなということを感じていて、だからこそ「涼宮ハルヒ」のような作品が生まれたのかなとも思う。
「常識外れな学生生活を楽しみたい」というオタの感覚は今日さらに強まっているようにも感じるけど、その「オタクの気分」の礎を築いたのはこういう作品だったんだよという、そんな思いはかけらも口にせずに、単純に楽しんでもらえるかどうかを見てみたい。

・伏見つかさ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫 (1639))俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫 (1639))
(2008/08/10)
伏見 つかさ

商品詳細を見る

これは地雷だよなあ。地雷が火を噴くか否か、そこのスリルを味わってみたいなあ。
こういう「非オタとオタ」な兄妹をラノベ化して、それが非オタに受け入れられるか、気持ち悪さを誘発するか、というのを見てみたい。

・谷川流『涼宮ハルヒの憂鬱』
涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)
(2003/06)
谷川 流いとう のいぢ

商品詳細を見る

9本まではあっさり決まったんだけど10本目は空白でもいいかな、などと思いつつ、便宜的にハルヒを選んだ。イリヤから始まってハルヒで終わるのもそれなりに収まりはいいだろうし、YouTube以降のアニメ時代の先駆けとなった作品でもあるし、紹介する価値はあるのだろうけど、もっと他にいい作品がありそうな気もする。

というわけで、俺のこういう意図にそって、もっといい10本目はこんなのどうよ、というのがあったら教えてください。

「駄目だ極東は。俺がちゃんとしたリストを作ってやる」というのは大歓迎。

こういう試みそのものに関する意見も聞けたら嬉しい。
はい。ここからは後書きのようなものです。
思ったより時間がかかったので箇条書きで。

・正直に白状します。
すいません、『俺の妹が~』『涼宮ハルヒ』の二作は全く好きじゃないです。
話題性と使いやすさゆえに使ってしまいました。申し訳ないです。

・『~軽く紹介するための10本』シリーズは優秀な作品が多いので是非参照してください。
ラノベ系でもっと面白いのもあります。

・最後に僕の文章スキルの問題で入れられなかったオススメをば埋め合わせに。

ウィザーズ・ブレイン (電撃文庫)ウィザーズ・ブレイン (電撃文庫)
(2001/02)
三枝 零一

商品詳細を見る


少女七竈と七人の可愛そうな大人少女七竈と七人の可愛そうな大人
(2006/07)
桜庭 一樹

商品詳細を見る


ではまた!
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://babylonkey.blog71.fc2.com/tb.php/249-1caa7a8b

0件のトラックバック

7件のコメント

[C360]

山風をさりげなく入れるセンスに吹いたw
そして、『「涼宮ハルヒ」は全く好きじゃないです』の言説に、ちょっと、いや、かなり動揺している私がいる。
マジですか。「消失」お読みの上で言ってらっしゃるのでしょうか。
もし「憂鬱」だけでの評価でしたらとりあえず「消失」までお読みいただくことを激しくお勧めします。既に読んでらしたらしょうがないので長門さんは僕が貰っていきます。
  • 2008-10-07
  • sunagi
  • URL
  • 編集

[C361]

極東さんの私への愛が溢れんばかりなのでタジタジです。
甲賀忍法帖もはからずもバジリスクの原作ですよねってこんなことを彼女は言うわけないすね。
イリヤの空を読んでみます。
  • 2008-10-08
  • 彼女ちひろ
  • URL
  • 編集

[C362]

荒木よ、杉井光を読むのだ。
まず『ばけらの!』でひとしきり笑った後
『さよならピアノソナタ』で音楽への、バンドへの初期衝動を感じるんだ。

上記既刊4冊、全て読み終わる頃には
「主人公もヒロインも展開もワンパターンじゃねぇか!」
というツッコミを入れずにはいられないでしょう。

[C363]

あ、うっかり↑名前出しちゃった。
消しといていいよ。

[C365]

返信遅くなってすいません!

>sunagiさん
「消失」まで読んでますよー。でも、長門(というかキャラメイク全体)に対する評価はともかく、長編だと中弛みが激しい印象があるのであまり評価出来ないんですよね。「退屈」のような短編集だと設定が自然に運用されていると思いますけど、背筋が凍る瞬間はそこでも得られませんでしたし。

ただ「全然好きじゃないです」は言いすぎでした。
何だかんだでマイルストーンなのは間違いないですし。

>D
バジリスク・・・やはり通っていたか。
まぁ読んで読んで!

>take1さん
キラ☆キラをやりましょー!
あと上記の本は今度貸してくださいな。
  • 2008-10-24
  • 極東極楽
  • URL
  • 編集

[C413]

ライトノベル業界への影響を考えるなら、田中ロミオ(・山田一)ははずせない。
最近、ライトノベルも出版して十代の新しいファンを得てきた。

 初めて西尾維新の「クビキリサイクル」を読んだときは、「田中ロミオ・山田一っぽいな」と思ったくらいだ。
 というか、正直かなり影響受けてるだろう。社会正義な理由で西尾維新に正直なこといえるわけがない(ケータイ小説大賞の田中ロミオのパクリケータイ小説、「メビウスの輪」 の作者:咲かない花 とは事情が違う)が。
  

[C418]

>LRさん
どうもはじめまして。
田中ロミオ(山田一)は普通に評価してますよ。でも、ラノベ初心者に薦めるにはアクの強さは否めませんし、シナリオライターとしての方が傑作をモノにしていると思うので、ゲームのほうを僕なら薦めます。

是非ご自分でもリストを作ってみてください。
  • 2009-03-27
  • 極東極楽
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

極東極楽

Author:極東極楽
どこかで生きています。
詳しくはこちらで。

スキ。
心が躍るものなら何でも。

キライ。
袋小路。無自覚。大人のフリした子供。


follow babylonkey at http://twitter.com




リンクフリー&アンリンクフリー。
繋ぐも外すもお好きなように。
リンクは敬称略です。あしからず。

バナーをお使いになる方は↓をお使いください。画像はやる気の無いサイトリング様からお借りしています。


コメントでhttpと入力すると怒られる仕様になってます。何か貼るときはhを抜いてください。

何かございましたら、メールフォームからどうぞ。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。