Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://babylonkey.blog71.fc2.com/tb.php/26-29db98e1

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Cocco-2006.8.10@日本武道館

Cocco。
童話的に人間を描き出すシンガー。
その筆致は残酷なほどに鮮やかで、痛々しい程の緊張感を湛えている。

それが僕が抱いていた彼女に対するイメージです。
といっても、そのイメージを抱く頃には彼女はシンガーとしての活動を停止してしまっていましたが。

というわけで今回、彼女のライブに初参戦させていただいた極東です。
先輩の好意で誘っていただき、アリーナのB1の最前列で見ることができました。

で、その感想をこれからポツポツ。
ライブは『ザイサイアン』からのリードトラック「音速パンチ」から始まりましたが、その直後に人気曲「首。」を披露。
新譜『ザイサイアン』の曲が中心だと思っていたこともあり、びっくり。
その後も「強く儚い者たち」や「カウントダウン」、「焼け野が原」など人気曲を連発してました。

で、「Coccoの野放しセッション」と銘打ったアコースティックセッションでお世辞にも上手いとはいえないギターを披露したり、ファンから「あっちゃん、ギター上手いよ!」という声に「上手いかぁ!?お前馬鹿だなー(笑)」と茶化して笑いをとったり、温泉をモチーフにした脱力系な曲を即興で作ったり。

そりゃ場内大盛り上がりですよ。
だって楽しいんだもの。
CoccoのMCも冗談あり、かつて歌うことに対して抱いた不安を打ち明けた上で、涙ながらに「だけど今は歌えて幸せ」という告白する一幕ありでファンの涙腺をこれでもかって刺激してました。
でも、これが全然嫌味じゃないんだから不思議。
遠目に見るとよくあるクサい演出にしか見えないのにね。

で、Happy Ending→新曲のコンボで締め。
その際客席までも明るくした照明は今の彼女の象徴でしょうか。

期待した切迫感はゼロ。でも、良いライブでした。
出来れば是非また見に行きたいものです。
今の優れたエンターテイナーとしてのCoccoが、僕が抱いていたアーティストとしてのCoccoのイメージ以上に魅力的だってことが確認できましたしね。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://babylonkey.blog71.fc2.com/tb.php/26-29db98e1

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

極東極楽

Author:極東極楽
どこかで生きています。
詳しくはこちらで。

スキ。
心が躍るものなら何でも。

キライ。
袋小路。無自覚。大人のフリした子供。


follow babylonkey at http://twitter.com




リンクフリー&アンリンクフリー。
繋ぐも外すもお好きなように。
リンクは敬称略です。あしからず。

バナーをお使いになる方は↓をお使いください。画像はやる気の無いサイトリング様からお借りしています。


コメントでhttpと入力すると怒られる仕様になってます。何か貼るときはhを抜いてください。

何かございましたら、メールフォームからどうぞ。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。