Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://babylonkey.blog71.fc2.com/tb.php/309-ec051b17

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

やり過ごしてばかりの人。

知り合いが軒並み絶賛していた『』観てきました。四文字で感想言います。「アスカ!」
あとネルフは相変わらずポルノスーツの開発に余念がありませんな!マリも可愛かったですよ。
マジメなバレ感想はまとまらないので一旦凍結。機会があればD君よろしく半年後くらいに蔵出しするやも。とにかく賛否両論になって然るべき出来だったと思います(実際一緒に観た友人は「絵が綺麗になっただけの同人作品でガッカリ」って言ってました)。真相は映画館にてご確認下さいな!


ところで、ストライクウィッチーズを全話観てしまった自分に疲れを感じていたら、パンツ型メガネ拭き(が付録のメガストア)が売れ行き好調なんてニュースが飛び込んできて、日本(のオタク)は疲れているんだなと思う今日この頃です。「恋人が必要な時代は終わった…」なんて売り文句が踊る『ラブプラス』も出ますし、オタク文化はピーターパン文化として成長していくんでしょうかね。

今日の一枚。
Gentle Giant『Interview』
InterviewInterview
(1995/09/19)
Gentle Giant

商品詳細を見る

MOMAさんSavath & Savalasなんてオサレなものを取り上げていたのに乗っかって、こっちもAkufenとか採り上げようかなーと色々聞き返していたら「お洒落な電子音楽」に食傷してしまったので、普通にお気に入り盤を紹介します。今となっては「是巨人」の元ネタとしての方が有名かもしれない、Gentle Giantの8thです。ちなみに76年作。
その音楽性を語る際にやたら「複雑」だの「難解」だの言われる彼らですが、聴きにくいことはないと思いますよ。実際変拍子やら転調が頻出する曲構成は複雑ですし、いまいちフックにかけることもあって「難解」のレッテルを貼られても仕方ないのかなとも思うのですが、よく聴けばハードロック、トラッド、声楽、レゲエ、R&Bを超絶技巧で彼らなりに煮崩した、心の広い音楽であると分かるはず。そして、そう気付くと後はマニア道にズブズブと溺れてしまうわけですね。「難解さ」と「賞味期限の長さ」はコインの表裏。聴けば聴くほどそこには発見があるのです。ということで溺れてくださいませ、皆様。
↓の曲はプログレ・レゲエな「Give It Back」。


りっちゃんキャラソンのジャケットが良い出来で幸せです。それではまた!
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://babylonkey.blog71.fc2.com/tb.php/309-ec051b17

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

極東極楽

Author:極東極楽
どこかで生きています。
詳しくはこちらで。

スキ。
心が躍るものなら何でも。

キライ。
袋小路。無自覚。大人のフリした子供。


follow babylonkey at http://twitter.com




リンクフリー&アンリンクフリー。
繋ぐも外すもお好きなように。
リンクは敬称略です。あしからず。

バナーをお使いになる方は↓をお使いください。画像はやる気の無いサイトリング様からお借りしています。


コメントでhttpと入力すると怒られる仕様になってます。何か貼るときはhを抜いてください。

何かございましたら、メールフォームからどうぞ。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。