Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://babylonkey.blog71.fc2.com/tb.php/60-e303e658

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

2006音盤ベスト。

例によって順不同。

新譜
・The Mars Volta「Amputechture」
一段とスケール感を増しての3rd。
スケール感に比例して抽象度も格段にアップ。
頭に渦巻く疑問符と興奮が耳を捉えて離しません。

・Muddy World「Finery of the Storm」
54-71以降最大の衝撃!!!
ルーツ不明なこの音塊に何度叩きのめされたか!
アルビニくさい質感、硬質なジャズ・ロック、アシッド・フォークみたいなボーカルと各々のパーツは説明できますが、それが合体した時の異物感は他を圧倒します。

・The Flaming Lips「At War with the Mystics」
ぐんにゃりと場を歪めるポップス。
冒頭の「やーやーやーやー・・・」なんてコーラスから、魂は桃源郷へと一直線。
飽きさせません。

・Buffalo Daughter「euphorica」
冒頭の山本ムーグの咆哮が象徴的ですが、今回のBuffalo Daughterは歌いまくり&イケイケ。
最近のニューウェイブ・リヴァイバルの聴き方が全く分からないクチでも楽しめるのは、ノスタルジーにではなく、今を生きる方々の作品だからでしょう。
あ、音響的なくすぐりはいつものようにありますのでご安心を。
シュガー吉永のギターも過去最高のキレ。

・Don Caballero「World Class Listening Problem」
初期に戻ったという評には?ですね。
ミニマルさは消えましたが、良いですよ。
変拍子メタルの中では頭三つくらいは軽く抜けてます。

・Dysrhythmia「Barriers & Passages」
どんだけ展開すれば、気が済むんだ!と突っ込みたくなる一枚。
メタル、シューゲイザー、エモいアルペジオ、ド迫力のインタープレイと多忙を極める曲展開が実にステキ。
激烈変拍子を叩き出すメタリックなドラムも躍動的で良いです。
やっぱりマスロックはハードコア~変則メタル起源の方が好きですね。
後期Don CaballeroとBattles以外にポストロック起源のそれで面白いと感じるものがありませんし。

・Ahleuchatistas「What You Will」
ビーフハート好きによる、マスロック。
疾走→切り替えし→疾走→転調→・・・な曲展開の激しさやヘヴィな変拍子にいちいち燃える。
たまにドラムがメタルっぽくなるのも面白いです。

・Tom Waits「Orphans」
近年のビーフハート路線のアウトテイク集。
まぁアウトテイクでも、近年の路線の作品なら外れはありえませんが。
流石に三枚組なので全てを味わうのはまだまだ先になりそうですが、酔いどれの咆哮はいつもどおりに心に突き刺さります。

・Ego-Wrappin'「On the Rocks!」
これまでの集大成。
よって今までで最もカラフルな作品になったという感じ。
曲が良いので、音響工作も生き生き。
中納さんの歌も絶好調でUA越えも視界に入ってきたのではないでしょうか?

・キリンジ「DODECAGON」
兄弟そろってのソロを経ての新譜。
ギターが入っていない曲があったり、可愛いエレクトロな音が大々的に導入されていたりで、曲の幅はかなり広がったみたいですね。
まぁ掘込兄弟のスウィートな歌が入るといつもどおりのキリンジ印な音になってしまうのですが。

次点
・Los Lobos「The Town and The City」
実はファンでして。
ルーツにきちんと根ざしたいつも通りの作品で一安心。
チャド・ブレイクの音響工作も作品に陰影を与えていて良いです。

・Peeping Tom「Peeping Tom」
パットン先生がポップスに取り組んだ傑作。
ノラ・ジョーンズを始めとして面子が面白すぎます。

・是巨人「Jackson」
ソリッドなプログレはやっぱ大好き!
現代日本最高のパワートリオの演奏が悪かろうはずはなく、ガン燃え。

・湯川潮音「湯川潮音」
あー良い声してるよなーとつくづく。
古い寓話のような歌詞も良いです。
もう自作曲だけで良いんじゃないですか?

・Zazen Boys「Zazen Boys3」
わー今回は黒々してますね。
オルタナティブ・ファンクとか形容されそうな音。
音の立ち方がカッコいいです。
向井さんのボーカリゼーションはいつもの通り。

再発
・This Heat
はいはい、死ぬほど聴きました。
衝撃の1stもポップな2ndも「Health & Efficiency」も。
「Made Available」も音圧高くて最高。

2006年は取りとめの無い年だったなぁというのが正直な感想。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://babylonkey.blog71.fc2.com/tb.php/60-e303e658

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

極東極楽

Author:極東極楽
どこかで生きています。
詳しくはこちらで。

スキ。
心が躍るものなら何でも。

キライ。
袋小路。無自覚。大人のフリした子供。


follow babylonkey at http://twitter.com




リンクフリー&アンリンクフリー。
繋ぐも外すもお好きなように。
リンクは敬称略です。あしからず。

バナーをお使いになる方は↓をお使いください。画像はやる気の無いサイトリング様からお借りしています。


コメントでhttpと入力すると怒られる仕様になってます。何か貼るときはhを抜いてください。

何かございましたら、メールフォームからどうぞ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。